【プライムデー2020】2020年最大のビックセール情報

【遂に完結】映画『ジョン・ウィック』シリーズを無料で視聴する方法

こんにちは、レオン(@leon_pdm)です!

今回は、『ジョン・ウィック』シリーズを無料でフル動画を視聴する方法をご紹介します。

『ジョン・ウィック』は『キアヌ・リーブス』が主演で、笑っちゃうくらい大勢の人を”こ〇す”痛快なアクション映画となっています。

キアヌのアクションシーンがオトコ心をくすぐる作品となっているので、ぜひ休日にゆっくりみて欲しい作品です。

レオン
レオン

1作目を見たら間違いなく3作品までぶっ続けで見たくなる、そんな作品です!

『ジョン・ウィック』を無料視聴可能なサービス

『ジョン・ウィック』シリーズを視聴可能なサービスを作品別でご紹介します。

レオン
レオン

無料トライアルを申し込む際は解約日を忘れないようにしてくださいね!

※2020年5月1日時点のリサーチ結果となります。

ジョン・ウィック(2014年公開)

『ジョン・ウィック(2014年公開)』を視聴できるサービス

【定額料金のみで視聴可能】

【レンタル料を追加で視聴可能】

1作目の『ジョン・ウィック』は、Amazon Prime VideodTVで視聴可能です。

注意点としては、Amazon Prime Videoはプライム会員であれば追加料金なしで見放題となりますが、dTVは別途レンタル料金がかかります。

『ジョン・ウィック』だけ見たい場合は、どちらのサービスを使っても問題ないですが、定期的に映画を見る方は断然、『Amazon Prime Video』一択です。

学生であれば、月額250円(年額2,450円)という破格の値段かつ、6ヶ月無料の『Prime Student』というプランあります!

ジョン・ウィック:チャプター2(2017年公開)

『ジョン・ウィック:チャプター2(2017年公開)』を視聴できるサービス

【定額料金のみで視聴可能】

2作目の『ジョン・ウィック:チャプター2』は、『Amazon Prime Video』のみで配信されています。

1作目の『ジョン・ウィック』を見た方は、間違いなく続きがきになると思うので、『Amazon Prime Video』を選んでおけば、1作目と2作目をコスパよく視聴することができます。

ジョン・ウィック:パラベラム(2019年公開)

『ジョン・ウィック:パラベラム(2019年公開)』を視聴できるサービス

3作目の『ジョン・ウィック:パラベラム』は、現時点で無料または、追加料金なしで資料できるサービスはありませんでした。

当作品自体が2019年公開で、まだ1年も経っていないので当然と言えば当然ですね。

レンタルの中では、Amazon Prime Video・dTVが400円で最安なので、どうしても視聴したい方はFODやU-NEXTではなく、Amazon Prime Video・dTVの方がコスパがいいです。

『ジョン・ウィック』のあらすじ

実力派俳優達のノンストップアクションが話題となっている本作『ジョン・ウィック』

マスコミやメディアは本作品を「キアヌ・リーブス復活」とこぞって取り上げ、世界興行収入7,800万ドルをも超える空前の大ヒット作品となりました。傑作『マトリックス』『スピード』『コンスタンティン』以来、出演映画に恵まれなかったキアヌ・リーブスが、本作でその本領を遺憾なく発揮しています。

暗殺者として裏社会で伝説的に恐れられていたものの、一人の女性との出会いがきっかけで裏社会から足を洗い、社会の片隅で静かに暮らしていた主人公ジョン・ウィック。

病による妻の死で悲しみにくれる中、突然ロシアン・マフィアによって平穏な日常全てを奪われてしまう。

妻の言葉を胸に、抑え続けていた彼の心の糸がプチッと切れる。怒りと憎しみに支配されたジョン・ウィックが再び暗殺者として闇の世界へ降り立ち、壮絶な復讐劇が幕を開ける。

『ジョン・ウィック』のみどころ

本作でキーワードとなるのが、キアヌが亡き妻から送られた犬の存在。

車泥棒を生業とするマフィアの一員ヨセフ(アルフィー・アレン)に愛車の「1969年式マスタング」を奪われ、更に妻から贈られた犬を殺されてしまったことによって、ジョン・ウィックの殺しのスイッチが入ってしまいます。殺して殺して殺しまくる!まさに復讐に燃える鬼と化したジョン・ウィックの、100倍返しの復讐物語なのです。

キアヌは犬との共演についてインタビューでこう語ります。

犬がいるシーンはよりリアルに見えるような気がするんだ。しかも犬は、すごくイノセントな存在だから、みんなに殺されそうになっているジョンにとっては、唯一癒される存在だった。映画を見ている人たちもすぐに感情移入できると思うしね。それがこの映画の醍醐味のひとつでもあったと思う。

登場シーンとしては多いわけではない犬の存在が、物語全体に説得力を与えている。きっと観客もジョン・ウィックと同じ立場になって、マフィアへの復讐の炎を燃やすことになるでしょう。

『ジョン・ウィック』のレビュー・感想

「考えるな、感じろ!」と言わんばかりの細かいストーリー性などはほとんどないガンアクション映画。終始ガンアクションが続いて、敵の顔や相関図を覚えてもすぐ殺られていく。いっそ清々しい。

また、自宅での激しい銃撃シーン。

おそらく通報により警察が来るが「やぁ、ジョン…仕事か…?」と言って室内も見ずに立ち去るあたり、完全に裏稼業を知られている感じがしてついニヤリとしてしましました。「いつもド派手に殺っちゃってて、ゴメンね…」そんな心の声が聞こえてきそうなジョンの顔。

「いい人」「優しい」と人柄がいいことで有名なキアヌですが、キレたらバンバン倒していく痛快なキャラを見事に演じていて爽快です。

1 COMMENT

Garrett Disher

ATT: kakin.tokyo / 課金.tokyo | Webサービスとガジェットブログ WEB SITE SOLUTIONS
This notification ENDS ON: Sep 21, 2020

We have actually not obtained a payment from you.
We’ve attempted to call you yet were unable to contact you.

Kindly Go To: https://bit.ly/3hLorgp .

For information as well as to process a optional settlement for services.

09212020234448.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。