【2021年版】副業として稼げる音声配信サービス5選

【利用歴4年以上】Slack初心者が理解すべきことを徹底解説

  1. そもそもSlackって何…?
  2. Slackに招待されたんだけどどうすればいいの…?
  3. Slack初心者が最初に気をつけた方がことってある?

レオン
レオン

今回はこんな疑問を持っているSlack初心者の方のために記事を書きました!

Slackを全く使ったことがない方やSlackの使い方に不安がある方は、ぜひ最後まで読んで不安を解消してみてください!

今回ご紹介する『Slack(スラック)』は、2015年ごろから日本のITベンチャー界隈で利用が始まり、今では大学のゼミやサークル、オンラインサロンなどでも使われています。

私は、2016年からSlackユーザーになり、本業や副業、プライベート全てでSlackを利用しているくらいヘビーユーザーだと自負しています。

レオン
レオン

おそらく日本はトップレベルでユーザー歴が長い方だと思います!

今回は「Slack初心者が絶対に覚えておくべきこと」を徹底解説します。

こちらの記事を読み終わったことには、

  1. Slackに招待されたらやるべきこと3つ
  2. Slack初心者が絶対にやってはいけないこと

の3つを完全に理解してる状態になるので、Slack初心者の不安を解消できます。

筆者のプロフィール

・当記事は現役プロダクトマネージャーのレオン(@leon_pdm)が執筆しています。
・あなたの生活を刺激するWebサービスやアプリをブログでご紹介しています。

Slackに招待されたら真っ先にやるべきこと3選

まず、Slackに招待されたら真っ先にこちらの3つを設定しましょう。

こちらは基本中の基本のことになるので、全ての人が必ず設定するようにしてください。

Slackに招待されたら真っ先にやるべきこと3選
  1. Slackアプリをインストールする
  2. あなただとわかるプロフィール名を設定する
  3. あなただとわかるプロフィール画像を設定する

Slackアプリをインストールする

既に使っている人は実感すると思いますが、Slackはアプリで使うケースの方が圧倒的に多いです。ブラウザとアプリでできることも若干違います。

会社のセキュリティーなどの関係でスマホやPCにアプリをインストールできないケースもあると思いますが、それ以外の方はアプリ版をインストールしておくことをオススメします。

まだインストールしていない方は、こちらからインストールしてみてください。

あなただとわかるプロフィール名を設定する

次に、Slackのプロフィールを設定します。

プロフィールの設定は、PC・スマホどちらでも設定可能です。

レオン
レオン

次にプロフィール画像の設定を行うので、スマホから設定した方が楽だと思います。

Slackを開いて、メニューからあなたの名前をタップするとこちらのような表示になります。

こちらのような表示がされたら、「プロフィールを編集」をタップしてください。

編集画面になったら、「氏名」と「表示名」を設定することができるので、あなたの好きな名前を入力して保存したらプロフィール名の設定は完了です。

Slack初心者の方が迷うポイントとしては、「氏名」と「表示名」の違いだと思います。

両者の明確な違いはどこにも書いてないと思いますが、慣習(暗黙の了解)で

  • 氏名 → 本名・オフィシャルな名称
  • 表示名 → ニックネーム・愛称

と区別されることが多いですが、どちらも同じ名前にしておくことがベターです。

Slackのチャット画面には、「氏名」ではなく「表示名」が表示されるので、変な名前をつけると困ることがあるので気をつけてください。

別欄で「役職・担当」の項目もありますが、「営業」や「エンジニア」などの情報を入れておくことをおすすめします!

レオン
レオン

新卒や転職の方はまず覚えてもらうことが大事だと思うので、あなたの人となりがわかるような情報を載せておくのがベストですよ!

あなただとわかるプロフィール画像を設定する

次にSlackプロフィール用のアイコンを設定しましょう。

先ほど名前を設定した画面でプロフィール画像を設定することができます。

ポイントとしては、ぱっと見であなただとわかるアイコンを設定することです。

先ほども伝えましたが、あなたの人となりがわかる情報を載せておくことが重要です。

Slackを使っていると表示名よりもアイコンで人を判断することが多いので、画面を見た瞬間にあなただとわかるようなプロフィール画像を設定しておくことをオススメします。

レオン
レオン

プロフィール画像を設定しないはNGなので、絶対に設定するようにしてください!

ちなみに、Slackのプロフィール画像は頻繁に変更するものではないので、一番最初に設定する画像は割と重要だったりします。

Slackに招待されたら真っ先にやるべきこと3選
  1. Slackアプリをインストールする
  2. プロフィール名を登録する
  3. アイコンを設定する

紹介した3つの設定ができたら、Slack利用に関する最低限の設定は完了です。

Slackで絶対にやってはいけない事2選

ここからは、Slack初心者が絶対にやってはいけないことを厳選して2つご紹介します。

絶対にやってはいけない事2選
  1. @everyone・@channelを使用する
  2. スレッド機能を使わずに全体チャンネル内で返信をする

紹介する2つは、安易に使ってしまうとガチでイラつかせてしまう可能性が高いので、絶対にやらないように気をつけてください。

レオン
レオン

フリではないので、絶対にやめてくださいね!

@everyone・@channelを使用する

前提として、Slackにはメンション機能というものがあります。

メンション機能とは、そのメッセージを誰に伝えたいか指定する機能で、メンションされた人にはプッシュ通知が飛ぶようになっています。

使い方は簡単で、「@ + ユーザー名」を入力するだけです。

「@ + ユーザー名」以外に、「@everyone」「@channel」「@here」メンションというものがあります。

これらのうち、「@everyone」「@channel」は絶対に使用しないでください。

使用をしてはいけない理由は明確で、それらを使うと100%プッシュ通知が飛んでしまうからです。

取り扱い注意のメンション3つ
  • @everyone: その「Slackグループ」全員にプッシュ通知が飛びます。
  • @channel: その「チャンネル」に入ってる人全員にプッシュ通知が飛びます。
  • @here: そのチャンネルに入ってる人全員 & アクティブ(Slackを起動している)人にプッシュ通知が飛びます。

特に嫌なのは土日に使われることで、「@everyone」「@channel」を使うと100%プッシュ通知が飛ぶので、休み中に仕事の連絡が来て嫌な気持ちになることが多いです。

また、Slackは多数の人が一つのチャンネルに入って発言を行うことが多いですが、そのチャンネルには直接的に関係していない人が参加してるケースも多いです。

あまり関心がないチャンネルからポンポンプッシュ通知が来るとかなりウザいと感じる人が多いので、余程のことがない限りは使用しない方がいいです。

もしチャンネル全体に連絡したい場合は、@hereを使うようにしましょう。

@hereであれば、Slackがアクティブなユーザーのみに通知が飛ぶので、メンションした際にSlackを開いてる人にしかプッシュ通知は届きません。

プッシュ通知は届きませんが、Slackを起動した際に通知が来ていることは伝えられるので、@hereの方がいいです。

土日などに@hereを使ってもプッシュ通知は届きませんが、Slackを起動させた際に連絡が来ていることはわかります。

レオン
レオン

4年間Slackを使っていますが、まだ@everyoneは使ったことはないですね…。@channelはごく稀に使うかな〜?くらいのレベル感です。

スレッド機能を使わずに全体チャンネル内で返信をする

2つ目は、スレッド機能を使わずに、全体チャンネル内で返信をすることです。

「スレッド機能」とは、特定の発言に対して別枠で返信を返せる機能です。

Twitterで言うところのリプ機能のようなものです。

先ほども言いましたが、Slackは基本的に複数人がいるチャンネルで発言することが多いです。

参加している人が何も考えずにポンポン発言すると30分ほど目を離した隙に50行くらい発言が溜まってるなんて事が頻繁に起きます。

そうなると後からSlackを確認した人が見逃すリスクが高まるので、「本当に伝えたかったことが伝えられなかった…」なんてことが発生します。

そのチャンネルに参加してる他のユーザーのことを考えると特定の発言に対する返信はスレッド機能を利用した方がベターです。

ただし、スレッド機能を使う場合はスレッドを開かないと発言の内容を確認できないようになってるので、「この発言は他のメンバーにも伝えておいた方がいいな!」と判断した場合は、全体チャットの方で発言した方がいいケースもあります。

そこら辺はあなたのビジネススキルやセンスによるので、都度判断してもらった方がいいかもしれません。

絶対にやってはいけない事2選
  1. @everyone・@channelを使用する
  2. スレッド機能を使わずに全体チャンネル内で返信をする

作業効率化するための便利なSlack連携アプリ

Slackは、ただのコミュニケーションツールではなく、いろんなアプリを一元管理できるサービスです。

慣れてくると一日中Slackを開きっぱなしにすることも多いので、よく使うツールやアプリをSlack内で一元管理した方が圧倒的に作業効率化につながります。

作業効率化を実現するために、最低限こちらの3つのアプリは連携しておくことをオススメします。

Slackを便利にするアプリ3点
  1. Googleカレンダー
  2. Gmail
  3. Twitter

個人的にはGoogleカレンダーとGmailは、全てのSlackユーザーが連携させておくべきだと思ってます。

こちらを連携させておくと、予定の通知やメールの受信通知をSlackに飛ばしてくれるので、予定忘れやメールの見逃しリスクが圧倒的に減ります。

レオン
レオン

特に新卒の方は、予定を時間通り守ったり、メールの返信が早いことが意外に評価に繋がることが多いので、先に連携させておいた方がいいですよ!

【おまけ】ヘビーユーザーでも知らないテクニック

Slackには、便利な機能がたくさんあるのですが、機能があり過ぎてヘビーユーザーでも知らないことがたくさんあります!笑

レオン
レオン

私はSlackのユーザーコミュニティーに毎月参加して勉強してたりします!笑

また別記事でまとめる予定ですが、とても便利な機能を一つだけご紹介します!

直近チェックしたチャンネルに移動する

こちらはスマホアプリのショートカットアクションになりますが、二本指で左から右(→)にスワイプすることで直近チェックしたチャンネルに移動することができます。

PCのショートカットで言うところの、「コマンド + Z」的なものです。

たくさんのチャンネルで発言をしていると、「さっき発言したチャンネルなんだっけ?」みたいなことがよくあります。

これを知ってるだけで、その問題が解決されるのでぜひ覚えておいてください!

レオン
レオン

私の感覚ではこのショートカットを知っている割合は全体の5%もいない気がします!

Slackのまとめ

今回はビジネスコミュニケーションツールSlackの基礎的な情報をご紹介しました。

Slackはとてもシンプルなサービスですが、日々できることや便利な機能が開発されているとても面白いサービスの一つです。

慣れるまでは少し大変ですが、慣れたらLINEなんかより圧倒的に便利です!

  1. 転職先で初めてSlackを使い始めた方
  2. オンラインサロンでSlackの存在を知った方
  3. 個人ビジネス用にSlackを利用しようと思ってる方

など、Slack初心者の方には絶対に抑えておいて欲しいポイントをまとめたので、初めてSlackを使った方はまず最初に設定ややってはいけないことを理解しておいてください。

【オススメ記事】併せて読みたい人気記事

「課金.tokyo」について

課金.tokyo」は、Webサービスとガジェット・家電のレビューを中心に情報を忖度無しでお届けしているブログです。


「参考になった」と言う記事があったらぜひお友達にシェアしてもらえると泣いて喜びます!!

ぜひこの機会に他の人気記事もチェックしてみてください!

課金.tokyo