できるビジネスマン必見!『Audible』が1,500円分無料

【マンガ好きは容量に注意!】 Kindleの全モデルを徹底解説

月額980円で読み放題!

Kindle Unlimited (公式サイト)


追加料金は一切ナシ
読書習慣を身に付けたい方向け

本記事でわかること
2020年6月時点で発売されているKindle端末の特徴と選ぶ際のポイントを徹底解説します。Amazonのセールで大幅に割引になることが多いので、セールを狙って購入することをオススメします!

こんにちは、レオン(@leon_pdm)です!

今回は、Amazonから販売されているKindleシリーズについて徹底解説します。

私自身、1年前にKindle PaperWhiteを購入して、毎月2~3冊程度の本を読んでいます。実際にKindle端末を利用してみての感想や購入の際に考えていたことも併せてご紹介します。

まずは、現在(2020年6月時点)発売されている全てのKindle端末のスペックを見ていきましょう!

(2020年6月11日追記)

新たに3色登場

セージ

トワイライトブルー

プラム

ブラック

Kindle(無印)とKindle Paper Whiteのみ!
価格は8,980円~!年2回のセールが狙い目!

【時間がない人向け】タイプ別のオススメモデル

Kindleシリーズは全3種類

Kindleシリーズは、電子書籍に特化したタブレット端末で、現時点で全3種類の端末が発売されています。(キッズモデルは除く)

Amazon Fireシリーズのように多機能は搭載していませんが、Eメールやプッシュ通知に邪魔されることなく、リーズナブルに小説や漫画を楽しむことができます。

ブルーライトカットのモデルもあるので、目の疲れを軽減しつつ、読書を楽しむことができます。

お目当の商品までジャンプできるリンク

Kindle(無印)

Kindle初心者はここから!

機種Kindle
ディスプレイ6インチ反射抑制スクリーン
サイズ160x113x8.7mm
解像度167ppi
ストレージ4/8GB
重量161g
価格8,980円(広告あり)
10,980円(広告なし)
防水× (非対応)
接続Wi-Fi
商品リンクAmazonでチェックする

kindleは、3種類のデバイスのなかで一番軽量型のモデルです。

サイズ感としては大きめのスマートフォンと変わらない程の大きさで、鞄のなかに入れて持ち運んでも気になることはありません。

電車での通勤中などに読書をするためのタブレットを探していて、できるだけ価格をおさえたいという方に向いているモデルです。

ただしkindle端末の画面は白黒なので、漫画などをカラーで楽しみたいという人にはあまりおすすめできません。

Kindle キッズモデル

1,000冊以上の子ども向けの本が1年間読み放題

機種Kindle キッズモデル
カラーピンクカバー、ブルーカラー、
スペースステーションカバー、レインボーバードカバー
ディスプレイ6インチ反射抑制スクリーン
サイズ162x119x14mm (キッズカバー含む)
解像度167ppi
ストレージ8GB
重量288g (キッズカバー含む)
価格10,980円~
防水× (非対応)
接続Wi-Fi
商品リンクAmazonでチェックする

Kindleシリーズ唯一のキッズモデルです。

Kindleの性能はそのままで、以下のお子さん向けサービスが無料でついてきます。

  • 2年間限定保証
  • Amazon FreeTime Unlimitedが1年間使い放題
  • キッズカバー付き

児童書の名作からドラえもん、ハリー・ポッター、ディズニーなどの人気シリーズも1年間無料で楽しむことができて、10,980円という価格はかなりコスパがいいです。

保護カバーを外せば通常のKindleとしても利用できるので、子供も大人も使える読書用タブレットが欲しいという人にはKindle キッズモデルをおすすめします。

Kindle Paper White

最も売れているKindle

機種Kindle Paper White
ディスプレイ6インチ反射抑制スクリーン
サイズ167x116x8.18mm
解像度300ppi
ストレージ8/32GB
重量182g
価格13,980円~(広告あり)
15,980円~(広告なし)
防水〇(対応)
接続Wi-FiまたはWi-Fi + 無料4G
商品リンクAmazonでチェックする

Paperwhiteは、Kindleシリーズのなかで最もバランスがとれた人気デバイスです。

Kindleと比べて解像度がかなり上がっており、端末内に数千冊の本を保存できるほか、インターネットがない場所でも無料4G回線を使える仕様になっています。

また防水機能がついているので、お風呂で読書を楽しみたい方にもおすすめ。

価格、スペック、持ち運びやすさの、どれをとってもおすすめできるデバイスだといえます。

レオン
レオン

多少お値段は張りますが、個人的にはKindle Paper White一択だと思ってます!

Kindle Oasis

最も進化したKindle

機種Kindle Oasis
ディスプレイ7インチ反射抑制スクリーン
サイズ159x141x3.4-8.4mm
解像度300ppi
ストレージ8/32GB
重量188g
価格29,980円~(広告あり)
31,980円~(広告なし)
防水〇(対応)
接続Wi-FiまたはWi-Fi + 無料4G
商品リンクAmazonでチェックする

Kindleシリーズの最上位モデルであるOasis。

Kindle、Paperwhiteと異なる点はまずディスプレイの大きさです。7インチという大画面で、文字の読みやすさにこだわっています

さらに他の機種にはない「ページめくりボタン」を搭載することで、Kindleの欠点ともいわれているタッチスクリーンの反応の悪さを改善。

Oasisの大きな画面もこちらのボタンを使用すれば、片手でも読書を楽しめます。

Paperwhiteと比べると大幅に値段があがりますが、予算に余裕があって高性能なデバイスを求める方にはこちらがおすすめです。

Kindle端末を選ぶ際に知っておくべきポイント3つ

次に、Kindle端末を選ぶ際に知っておきたいポイントを3つご紹介します。

Kindle端末では、下記のオプション機能を選択することができます。

  1. 広告の有無
  2. 端末の容量
  3. 無料4Gの有無

価格としては、1つのオプションをつけると約2,000円ほど高くなると思ってもらってOKです。

では、早速それぞれのオプションについてご紹介します。

広告の有無

全てのKindle端末には、「広告ありモデル」と「広告なしモデル」の2パターンがあります。

「広告」と聞くと拒絶反応を起こす方もいるかもしれませんが、私のオススメは「広告ありモデル」です。理由はシンプルで、広告の存在が全く気にならないからです。

Kindle端末の広告は、スリープ画面にした際に表示される(添付画像)ものになっています。Kindleで読書をしている際に広告が急に差し込まれるということは100%無いので、正直全く気になりません。

広告をつけるかどうかで2,000円ほど値段が変わりますが、全く気にならない広告にお金を払う必要は無いと思っているので、「広告ありモデル」で十分です!

「広告という存在が嫌い!」という方やお金に余裕がある方以外は、「広告ありモデル」を購入することをおすすめします。

端末容量

Kindle端末は 8GB / 32GBのどちらかを選ぶことになります。

Kindleストアで購入した電子書籍は自動でKindleアプリと同期されますが、実際に電子書籍を読むためには、Kindle端末やスマートフォンにダウンロードする必要があります。

Kindle端末にダウンロードできる目安としては、下記の通りとなります。

  • 8GB: 漫画: 70冊 / 通常の本: 100~350冊
  • 32GB: 漫画: 280冊 / 通常の本: 400~1,400冊

漫画を読む方は容量が足りなくなる可能性があるので、32GBを購入することをオススメします。一方で、ビジネス書や小説がメインの方は8GBで十分です。(100冊の場合、月2冊の本を購入したとしても満杯まで4年ほどかかる)

ただし、Kindle Paperwhite の場合、8GB / 32GBで2,000円しか変わらないので、より長く使いたい方は、32GBを購入しておいた方が無難です。

もし万が一、Kindle端末の容量が足りなくなったとしても、端末から電子書籍を削除することができるので、それほど危機的な問題は起こらない(はず)です。

Kindleストアで購入した電子書籍は全てAmzonアカウントに紐づいているので、Kindle端末から削除しても再度ダウンロードすることは可能です。

無料4G付きモデル

各Kindle端末では「WiFi環境下のみで利用可能なモデル」と「どこでも利用可能なモデル」の2パターンがあります。「どこでも利用可能なモデル」を選択した場合、+2,000円ほど値段が上がります。

こちらのオプションに関しては、結論明確な理由がない限り「WiFi環境下のみで利用可能なモデル(オプション無し)」で十分です。

基本的に自宅で読みたい電子書籍をダウンロードして、外出時に読むことが多いので、外出時にダウンロードするケースはほとんどありません

「いつでも・どこでも電子書籍をダウンロードしたい!」という方以外は、通常のオプション無しのモデルにすることをオススメします!

結論、Kindle端末のオプションは下記の通りとなります。

  • 漫画を読む人: 広告あり / WiFiモデル / 32GB
  • 漫画を読まない人: 広告あり / WiFiモデル / 8GB
レオン
レオン

考慮すべきポイントは、容量だけ!

おすすめのKindle端末【タイプ別】

最後に、各Kindle端末をおすすめする人をタイプ別に分けてみました。

個人の主観では、Kindle PaperWhite一択だと思っていますが、予算の関係もあるので、あなたの目的やタイプに合ったKindle端末を選んで、読書を楽しんでください!

Kindleユーザーなら入っておきたいサービス

Kindleを購入しようと考えている方は、こんなことを思っているのかなと考えています。

  • これから読書をする習慣を身に付けたい
  • インプットする量を増やしていきたい
  • 暇な時間を読書に費やしたい

そんな方にぴったりなのが、Kindle Unlimited です!

Kindle Unlimitedは、月額980円で約200万冊以上のKindle本がいつでも読み放題になるサービスです。

一般的なビジネス本は1,000円以上するので、月1冊読めば元が取れてしまうので大変コスパがいいサービスです。

今なら初月無料キャンペーン中なので、「これから読書をする習慣を身に付けたい!」という方は試しに無料で始めて見ることをオススメします!

レオン
レオン

解約したい時は、こちらのリンクから30秒で解約完了するのでとても簡単です!


1ヶ月無料で読み放題!

30日以内の解約で完全無料!
2週間に1冊読めば元が取れる!
読書の習慣を身に付けたい方向けのサービス!

参考 【Kindle本読み放題】Kindle Unlimitedに絶対に登録しておくべき理由を解説

Amazonの人気・お得なサービスについてもご紹介しているので、お時間がある方はぜひチェックしてみてください!

Amazon関連 【2回目も対象?】audibleのお得なキャンペーン【1冊無料】

Amazon関連 【100%損をしない】全ての人がAmazonプライム会員になるべき理由(特典一覧あり)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。