【プライムデー2020】2020年最大のビックセール情報

【転職で年収2倍】リクルートエージェントを利用してわかったこと3選

転職を決意して真っ先に思いついたのが、このリクルートエージェント(RA)。CMもやってるし、新卒の就活で誰もがお世話になったことのあるリクルートグループの転職エージェントサービスを利用しない手はない!ということで実際に利用体験をもとにわかったことを書いていきます。

転職活動を始めるならまずはRAから

リクルートエージェントの登録はこちら

求人紹介までの実際の流れ

まずはアプリのダウンロード(DL)

AppStoreにて「リクルート」と検索し、1番上に出てくるアプリがRAのアプリです。DL後、新規登録のボタンを押すとリクルートエージェントのサイトへ遷移します。

ここでは、「具体的な転職時期」「希望勤務地」などの希望条件に関する質問と、「現在の年収」「職種」などの現在の個人情報を1問1答形式で入力していきます。

個人的には、最初の質問の「転職時期」を「未定」などにしてしまうと、担当エージェントからの連絡やアクションが遅くなる可能性があると感じました。

事実を答えることも大切ですが、エージェントにも営業目標があります。すぐにでも転職したい人へ優先的にアプローチをするということは念頭に置いておいて回答する必要があると思います。

必要書類の準備

キャリアシートと職務経歴書の2点を準備しておきましょう。

キャリアシート

履歴書と考えていただければ大丈夫です。証明写真を添付する必要がありますので、事前に準備しておきましょう。私は証明写真を持っていなかったのですが、後日郵送で対応していただきました。

職務経歴書

RAのHPにて「レジュメNavi」というものがあり、そちらを利用しました。

業種ごとに書き方のサンプルがあるので、それを参考にして作成することで、効率的に作成することができました!既にお持ちの方は、使い回しでも対応してくれます。

初回の面談

必要書類を提出して、数日後には面談をしたいと電話が来ました。八重洲にあるRAの本社にて面談を行い、希望条件等の擦り合わせを行います。

担当エージェントは30代半ば、ロレックスの時計をしておりなんとなく応募者を上から見定めているような印象を受けてしまいました。

求人の紹介

面談の場で希望を伝えると、その場で10件ほど非公開の求人を紹介してくれました!

求人は面談回数などの細かな情報も記載されており、さすが大手エージェントだなと思いました。その後も、メールにて毎日のように求人の紹介がありました。

RAを利用して良かったこと 4選

求人の多さと情報の質が高い

担当エージェントから紹介される求人以外にも、アプリ内で希望の条件で非公開求人を検索することができます。業種や年収で絞っても100件以上はあったと思います。

また、希望の業種を伝えると、その業界についての分析や動向などの専門的な情報を提供していただきました。業界・企業研究に大いに役立ちましたし、他のエージェントにはないサービスでとても重宝しました

リクルート式コーチングを体感できる

以前にリクルート主催のコーチング研修を受講したことがあるのですが、初回の面談でそれに似たようなヒアリングをしてもらうことができます。

(担当によるかもしれません)逆にいうと、中途半端な気持ちで面談に向かうと、途中で答えに詰まるくらい深く質問されて、コテンパンにされる可能性もありますので、ある程度自分自身の中で深掘りしてから初回面談を行うことを強くオススメします。

あわよくばリクルートへの道も..!?

 面談で求人を紹介してもらう中で、リクルートキャリア(RAの母体企業)などの系列企業もオススメされました!

求人紹介をするのと同時に自社の採用的な観点でも見られているなと感じました。実際に私の同期でRA経由でリクルートへ内定を獲得している方もいましたので、他エージェントよりもリクルートへの門戸は広いかもしれません。

RAを利用することのデメリット2選

担当エージェントは配属ガチャのようなもの

アプリで書類を提出すると、担当から連絡があります。その時点で自分の担当が確定しているので、経験豊富な方に当たればラッキーですが、若手の実績のない担当に当たることもあります。

また担当には得意・不得意があるためある程度ガチャ感はあります。ただ、希望をすれば担当を変えることもできるので、最初の段階で「なんか違うな」と思ったら、RAを使わなくなる前に、サポートへ連絡して担当を変えてもらうようにしましょう。

希望する求人を推薦してもらえるとは限らない

エージェントに相談した当初は、理想と現実のギャップを感じました。

恐らく、担当は異業種などの難易度が高い案件より、同業種など短期で可能性がある案件を紹介してきます。それでも粘り強く希望を伝えるか、他エージェントの利用を検討するなど、あくまで自分がどうしたいのかを軸に活動することが大切であると感じました。

転職を成功させるためには

あなたの希望通りの転職を成功させるためには早めの準備が重要です。私自身、職務履歴書の作成やエージェントとのコミュニケーションの結果、26歳で年収600万円まで引き上げることができました。

「転職を考えているけどまだ何も準備をしていない…」という方はぜひこちらの記事もチェックしてみてください!

【2年以内に転職したい人向け】手遅れになる前にやるべき転職の2ステップ

完全無料リクルートエージェント登録はこちら

「課金.tokyo」について

課金.tokyo」は、Webサービスとガジェット・家電のレビューを中心に情報を忖度無しでお届けしているブログです。


「参考になった」と言う記事があったらぜひお友達にシェアしてもらえると泣いて喜びます!!

ぜひこの機会に他の人気記事もチェックしてみてください!

課金.tokyo

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。